REFORM / リフォーム事例

BEFORE

AFTER

使わなくなったリングをいくつかお持ちいただいて、ダイヤモンドのリングをお作り致しました。
センターのダイヤはエンゲージリング。
脇石はお持ちいただいたファッションリングから、状態のきれいなものを選んでリングに使わせていただきました。
お店の中にあるジュエリーをいくつか見ていただいて、好きなデザインのイメージをしていただきます。
今回はその中の一つ。
左右対称のクラシカルなデザインにさせていただきました。
ダイヤモンドの周りをぐるりとミルグレンで囲った上品で素敵なデザイン。
シンプル過ぎないデザインは目を引きます。
18金つや消しで仕上げクラシカルな中にもモダンさをプラス。
ジュエリーのコーディネートもお伝えし、これからジュエリーでいっぱい遊んでいただけると嬉しいです。

BEFORE

AFTER

譲られた翡翠のリングをカジュアルなシルバーのリングにリフォームさせていただきました。
とってもきれいなグリーンの石は、翡翠。
おばあちゃんがつけているイメージがある翡翠ですが、デザイン次第で格好よくも可愛くもなるお石です。
今回はカジュアルに身につけられるようシルバーでお仕立てさせていただきました。
コロンとまぁるいフクリン留めに、アームもまぁるく。
指当たりが滑らかになるよう調整しています。
大きすぎず、小さすぎずのサイズ感で、普段にたくさん身に着けていただけるかと思います。

BEFORE

AFTER

立て爪のリングをエンゲージリングにリフォームさせていただきました。
5本爪から6本爪に。
新しく作り替えたリングは、きゅっと小さな6本の爪でダイヤを支えています。
なるべく高さが出ないようにとのご希望で、バランスが崩れないギリギリのところまで下げ、普段にも使っていただける仕様にいたしました。
まるいアームは、指にはめたときにピタリと吸い付くような着け心地。
エンゲージリングの王道スタイルの今回のリングは、上品でとっても素敵なジュエリーになりました。
ダイヤモンドのリングは、一つあると本当に重宝します。
一生物のジュエリー、リフォームで叶いますよ。

BEFORE

AFTER

おばあさまから譲られたアメジストのリング。
目を見張るほどの美しいルースは、高貴で洗練されたジュエリーでした。
お洒落なおばあ様だったのかしら??と尋ねると、やはりそうだったようで、お客様とおばあ様の関係を伺い胸がいっぱいになりました。

若々しくキュートなお客様。
何点かスケッチをあげ、大小のダイヤモンドがぽんぽんとリズミカルに並ぶ可愛いリングになりました。
アームはプラチナ、もともとのリングを溶かして、昔ながらの作り方で制作しています。
アメジストとダイヤモンドは18金。地金をミックスすることで、今後、お手持ちのジュエリーとコーディネートするときにも合わせやすい作りに致しました。

お花や可愛い焼き菓子をプレゼントしてくださる素敵なお客様。
お出かけのおともに、おばあ様の想いも一緒に連れて行ってあげてくださいね^^

BEFORE

AFTER

お母様から譲られた、大切なパールのリングをお持ちいただき、クラシカルで繊細なパールのリングにリフォームさせていただきました。

パールのリングは、普段に着用するのはなかなかハードルが高かったりします。
今はアルコール消毒が必須の日常。
パールとアルコールの相性はよくありません。

ただ、パールのリングって、綺麗なんですよね。
私も生涯に一つは欲しいと思っているジュエリーがパールとダイヤモンドのリングです。

今回のお客様は普段からジュエリーを着け慣れているジュエリーコーディネートの上級者。
パールのリングをご希望で、スケッチを何点か、そのあと図面でのやり取りを経て完成いたしました。

星屑をちりばめたような美しいジュエリーは、華やかなお客様の雰囲気にぴったりでした。
コーディネート、楽しんでいただきたいです!

BEFORE

AFTER

お母様から譲られた立て爪ダイヤモンドのリング。
0.5カラット以上あるとてもきれいなピースでした。
お若いお客様には少し存在感がありすぎて、なかなか出番がなかったとのこと。
当店を探していただきご来店いただきました。

普段にたくさん着けたいこと、コーディネートしたいVラインのリングが可愛く繊細なデザイン出会ったことから、今回のリングは、ミルグレンとフクリン留めをバランスよく使ったクラシカルでシンプルなリングをご提案させていただきました。

センターのダイヤモンドを引き立てるために、アームは細め、ミルグレンも小さく作りました。
指にするするピタリと留まる着け心地。

ダイヤモンドのリングやネックレスは、パールのネックレス・イヤリングと同様、年齢を重ねると一つは揃えておきたいアイテムです。
ご結婚式、卒入学、いろいろ行事ごとが増えてくる40代。
このジュエリーがあるから大丈夫。
ダイヤモンドのジュエリーは私たちの暮らしの心強い味方になってくれますよ。