REFORM / リフォーム事例

BEFORE

AFTER

クラシカルなオパールのリングをネックレスにリフォームさせていただきました。
小さな爪で留まったオパールのリングは、リフォームして姪っ子さんへのギフトに。
作り替えたネックレスは、クラシカルなミルグレンをぐるりと施し、つや消しで仕上げました。
優しいオパールのお色とゆらめく遊色が幻想的で、アートピースのよう。
薄めに仕上げた枠がとても軽やかで、繊細な雰囲気たっぷりのジュエリーになっています。

チェーンは絹糸のように柔らかくきらめくフェザーチェーン。
羽のように軽く繊細なチェーンになっています。
素肌に溶け込む上品な見た目です。

チェーンの先端には、小さなお花が咲いたようなライスパールを5石留めました。
可憐で美しいジュエリー、気に入っていただけますように。

BEFORE

AFTER

大きなダイヤモンドが留まったリングは、プラチナをたっぷりと使ったどっしりとした印象のリングでした。
それをリフォームで新たに作り替えたのは、モダンなデザインのクラフト感あふれるナチュラルなダイヤモンドリング。
地金は18金とプラチナのミックス。
ざらりとした質感は手仕事だから生まれる職人技。
土、大地、自然。
そういったナチュラルな趣が、おしゃれなお客様の雰囲気に合うような気がして、あえて作りこまずラフな感じにお仕立てさせていただきました。

たっぷりと地金を使った贅沢な作り。
一生使える、そして次の代にも受け継いでいただけるリングです。

BEFORE

AFTER

美しいルビーが留まったリングはお母様から譲られた大切なジュエリー。
添えられたダイヤモンドも使い、小ぶりなネックレストップにお仕立ていたしました。
お花のモチーフはお客様のイメージで。
同じくお母様のチェーンを使い、バランスよくお仕立ていたしました。
華奢なチェーンの場合、バチカン(チェーンを通すパーツ)はなるべく小さく、もしくはなくても良いかも。。
今回はちょっと太めのチェーンでしたので、バチカンもデザインし、クラシカルな雰囲気になるようにお作り致しました。

BEFORE

AFTER

美しいルビーが止まったネックレス。
そのままだと地金の重さが今の気分ではないということで、新たにネックレスにリフォームさせていただきました。

アンティークジュエリーをおしゃれに身につけられていたお客様。
ジュエリーと時計のコーディネートがとっても素敵で、お手持ちのジュエリーをいろいろと見させていただいて、一つのデザインをつくりました。

お花と鍵のモチーフを合わせたような、繊細でアンティークの風合いが感じられる上品なジュエリー。
ルビーをセンターに、ダイヤモンドをちりばめてキラキラと輝くネックレスに。
トップに合わせてチェーンも柔らかく上品な煌めきが宿るものを採用しました。

BEFORE

AFTER

着けなくなったパールのリングから、パールを外して、イヤリングにリフォームさせていただきました。

綺麗なアコヤパールは8ミリくらいのサイズ。
ちょうど2粒あったので、耳飾りにぴったりです。
面長の方でしたので、長さは顎よりも少し上に来るように調整して仕上げました。

イヤリングやピアスで大切なのは、長さです。
輪郭に合わせて調整するので、同じ長さの方はなかなかいらっしゃいません。

お客様も、初めてつける長さのようでしたが、きちんとお顔に合わせて調整しているので、しっくりなじみ、とっても上品でした^^

BEFORE

AFTER

小さなダイヤモンドがたくさん留まっているのが特徴のV字リング。
爪がギザギザしていて、普段にはなかなか使いにくいジュエリーを、エタニティリングにリフォームさせていただきました。
今回は、ラウンドカットのダイヤモンドのみを使っています。
外した四角いダイヤモンドはケースに入れてご返却いたします。

エタニティリングは、まず一つは持っておきたいジュエリーナンバーワンだと思っています。
このエタニティリングが一つあるととても重宝するのです。
ジュエリーのコーディネートの幅も広がりますので、脇石お持ちでしたら是非作っていただきたいです。