10金と18金の違いについて

10金と18金、どちらを選べばいい?
何が違うの??

そういったお声を多数いただいております。
18金の方が10金よりも高い!っていうのはご存知の方もおおいはず。
では何が違うのか、少し説明したいと思います。

草

金の含有量が違う

成分・図のように、素材に含まれている金の含有量が異なります。

金以外は何が含まれているかというと、銀・銅・パラジウムなどです。
金はとても柔らかい素材でもあるので、金以外の素材を混ぜることで強度を上げる役目があります。

これらの素材は特に明確な規定がないので、業者さん、メーカーさん等によって配合や含まれる素材が異なってきます。
また、銅を多めに配合するとピンクゴールになります。

10金で42%、14金で58%、18金で75パーセント、金が含まれていたら、それぞれ10金、14金、18金と表示できるのです。

また、稀にゴールドジュエリーの中にもニッケルを含んだものもございます。
ニッケルは金属アレルギーが出やすい素材です。
ニッケルにアレルギー反応を起こされる方は、安価なゴールドジュエリー、輸入品の場合ニッケルが含まれている場合がございますので、ご購入の際はご注意くださいませ。

※ニッケルについて
金属アレルギーが起こりやすい素材ともいわれています。
かくいう私もニッケルでアレルギーを起こします。
そのため当店ではニッケルを一切使用していません。

価格・価値について

もちろん18金や24金の方が金の純度が高いので価格もあがります。
近年金の価格が高騰しているので、大切な方への贈り物や、長く使いたい・肌身離さず着けたい!という場合18金を選ばれる方が大変ふえております。

一方10金は、価格も抑えめで18金と変わりなく高級感もありますので、とっかえひっかえされたい方、手軽にジュエリーを楽しみたい方には大変おすすめの素材です。

見た目の違い

当店で扱っているのは主に10金と18金です。
見た目の高級感は、10金と18金では全く異なりません。
金の含有量によって色が異なってきますので、10金は淡いゴールド、18金は濃いゴールドとなります。
10金と18金の色の違い10金イエローゴールド
すっきりとした淡いゴールドで、さわやかな印象です。
シルバーのアクセサリーとも相性が良く、毎日のファッションに合わせてとっかえひっかえされたい方におすすめです。

18金イエローゴールド
重厚感のある美しいゴールドで、温かな印象です。
デイリージュエリーとして肌身離さず身に着けたい方、娘さんやお孫さんへとゆくゆくは引き継いでいきたい方、大切な方へのプレゼントをお考えの方におすすめです。

10金ピンクゴールド
銅の含有量が増えますので、濃いめのピンク色です。
可愛らしいファッションがお好きな方におすすめです。

18金ピンクゴールド
10金に比べると金の含有量が増えるので、10金よりも淡いピンク色になります。
可愛らしい雰囲気がお好きな方におすすめです。

10金・18金ホワイトゴールド
金の含有量にかかわらずロジウムという素材でコーティングしているので見た目がかわりません。
爽やかでクールな雰囲気がお好きな方におすすめです。

ロジウムコーティングについて
金を酸化や変色、傷から守るためにロジウムという素材でコーティングしています。

作者の主観♪

私が好きなのは10金なんです♪

夏になるとシルバーも良く身に着けるので、素材をミックスしても違和感が無いように感じます。
また、金の高級感がありながらもすっきりとした印象が出ますのでファッションにも合わせやすいかも?

パーソナルカラーをご存知でしょうか?
パーソナルカラーはその人が持った生まれた色と雰囲気が調和した色・似あう色のことです。
ブルーベース・イエローベースという言葉を聞いたことがある方も多いのではないでしょうか?

私はブルーベースのお肌なんです。
ブルーベースに似合う素材は、シルバー系。
シルバー925、ホワイトゴールド、プラチナといった地金です。
そのため18金だと黄味が強くでてしまうので、10金の方が合わせやすいというところもあります^^

一方イエローベースの方はゴールドジュエリーがとても映えますね♪
ご自身のパーソナルカラーで地金の色を選ぶのも、似合うジュエリーにたどり着く一歩だと思います^^

もちろん好みもございますし、身に着けて幸せな気持ちになれるものを選んでいただくのが私にとっても一番うれしいことです。

素材について、もし迷われましたら、いつでもご相談くださいね♪

変形のしやすさ・しにくさについて

変形がしにくいのは、10金なんです。
金は柔らかい素材ですので、それをカバーするためにほかの素材がミックスされています。
18金よりも金の含有量がすくない10金は、硬い素材ということになります。
ただ、日常生活において、18金がすぐに変形するのかというと、そういうわけではありません。
その差はほんの少しですので、通常の生活の中では特に問題はないと思います。

例えば華奢なリング、線形が1.0ミリ弱くらいの細いリングの場合10金の方が変形しにくいのでおすすめです。

変色について

18金よりも10金の方が、金以外の含有物が多いので、変色しやすいです。
ただ、保管方法によってずいぶん変わってきますし、洗浄をすると元のキラキラの10金に戻ります。
当店では、変色防止用の特殊な保存袋を皆さまにお渡ししております。
10金・18金にかかわらず、この保存袋を使っていただくことで、変色がだいぶん軽減されますよ♪
金属の変色を防止するための保存袋と取り扱い説明書を同封いたします。当店では、保存袋と一緒にお取り扱いの説明書を同封しております。
またクリーニングも無料で行っておりますので、お気軽にお問合せくださいませ。

アレルギーについて

金属アレルギーでお悩みの方も多いのではないでしょうか?
先ほども記載しましたが、金属アレルギーで最も多いのがニッケルです。
しかし、ニッケルが含まれていないものでも、まれにアレルギー反応が出る場合もあります。

夏の汗をかく時期は特にそのようなお声をいただきます。

10金と18金を比較した時、アレルギーが出にくいのは18金です。
金以外の成分が10金に比べると少ないからです。

ただ、アレルギー反応が銀や銅にも出る方は18金でも注意が必要です。
アレルギーに関しては、病院で検査することが可能ですので、気になる方は一度受診されてみるのも良いかもしれません。

どっちがおすすめ?

10金
→毎日のファッションに合わせて気軽に本物を楽しみたい

18金
→節目の記念日に、あるいはお守りのようにずっとずっと大切にしたい

といったところでしょうか。
どちらも高級感や素材の良さがあります。
ご自身のライフスタイルに合った、身に着けてときめくものを手にしていただきたいと思います。

草

ジュエリーショップPLUS LUXEメニュー一覧

自分にご褒美!ワンランク上のジュエリーライン詩喩花
毎日のお洋服を選ぶように。アクセサリーラインPLUS LUXE
私のお守りにしたいお誕生石のブレスレット
オーダーメイドのご依頼・サンプル
お問合せ
インスピレーションやお得な情報を配信中
写真で綴るwebのお手紙フォトレターサンプル

最近の投稿