REFORM / リフォーム事例

BEFORE

AFTER

美しいルビーが留まったリングはお母様から譲られた大切なジュエリー。
添えられたダイヤモンドも使い、小ぶりなネックレストップにお仕立ていたしました。
お花のモチーフはお客様のイメージで。
同じくお母様のチェーンを使い、バランスよくお仕立ていたしました。
華奢なチェーンの場合、バチカン(チェーンを通すパーツ)はなるべく小さく、もしくはなくても良いかも。。
今回はちょっと太めのチェーンでしたので、バチカンもデザインし、クラシカルな雰囲気になるようにお作り致しました。

BEFORE

AFTER

美しいルビーが止まったネックレス。
そのままだと地金の重さが今の気分ではないということで、新たにネックレスにリフォームさせていただきました。

アンティークジュエリーをおしゃれに身につけられていたお客様。
ジュエリーと時計のコーディネートがとっても素敵で、お手持ちのジュエリーをいろいろと見させていただいて、一つのデザインをつくりました。

お花と鍵のモチーフを合わせたような、繊細でアンティークの風合いが感じられる上品なジュエリー。
ルビーをセンターに、ダイヤモンドをちりばめてキラキラと輝くネックレスに。
トップに合わせてチェーンも柔らかく上品な煌めきが宿るものを採用しました。

BEFORE

AFTER

着けなくなったパールのリングから、パールを外して、イヤリングにリフォームさせていただきました。

綺麗なアコヤパールは8ミリくらいのサイズ。
ちょうど2粒あったので、耳飾りにぴったりです。
面長の方でしたので、長さは顎よりも少し上に来るように調整して仕上げました。

イヤリングやピアスで大切なのは、長さです。
輪郭に合わせて調整するので、同じ長さの方はなかなかいらっしゃいません。

お客様も、初めてつける長さのようでしたが、きちんとお顔に合わせて調整しているので、しっくりなじみ、とっても上品でした^^

BEFORE

AFTER

小さなダイヤモンドがたくさん留まっているのが特徴のV字リング。
爪がギザギザしていて、普段にはなかなか使いにくいジュエリーを、エタニティリングにリフォームさせていただきました。
今回は、ラウンドカットのダイヤモンドのみを使っています。
外した四角いダイヤモンドはケースに入れてご返却いたします。

エタニティリングは、まず一つは持っておきたいジュエリーナンバーワンだと思っています。
このエタニティリングが一つあるととても重宝するのです。
ジュエリーのコーディネートの幅も広がりますので、脇石お持ちでしたら是非作っていただきたいです。

BEFORE

AFTER

0.6CTを超える大きなダイヤモンドの縦爪のリングを、エンゲージリングにリフォームさせていただきました。
お嬢様に譲られるとのことで、王道のエンゲージリングのスタイルに。
小さな爪は6本。ティファニーセッティングと言われる留め方で、上品で女性らしい本数が魅力です。

引っ掛かりが気になる爪留めですが、爪を丸く削って滑らかに整えたことと、高さを低くしたので、普段にもお使いいただけるかと思います。
また、ダイヤモンドが大き目でしたので、アームもしっかり地金を使い、贅沢な作りにしました。
ぽってりとした丸いアームに美しいダイヤモンド、バランスがとてもよく、指に吸い付くような着け心地が特徴です。

このデザインはシンプルでよく見かけるものかもしれませんが、ダイヤモンドの大きさや高さといった個体差に合わせて、アームの太さやダイヤの高さを調整しております。

型は作らず一から作っていますので、お客様の細かなご要望にも応えることが可能です。

BEFORE

AFTER

使わなくなったリングをいくつかお持ちいただいて、ダイヤモンドのリングをお作り致しました。
センターのダイヤはエンゲージリング。
脇石はお持ちいただいたファッションリングから、状態のきれいなものを選んでリングに使わせていただきました。
お店の中にあるジュエリーをいくつか見ていただいて、好きなデザインのイメージをしていただきます。
今回はその中の一つ。
左右対称のクラシカルなデザインにさせていただきました。
ダイヤモンドの周りをぐるりとミルグレンで囲った上品で素敵なデザイン。
シンプル過ぎないデザインは目を引きます。
18金つや消しで仕上げクラシカルな中にもモダンさをプラス。
ジュエリーのコーディネートもお伝えし、これからジュエリーでいっぱい遊んでいただけると嬉しいです。