リングを制作するときの想い

天然石で作るジュエリーデザイナーの加藤由子です♪

フォトレターに記載したピンキーリングのお問合せをたくさんいただいております。
とてもうれしいです^^

華奢な線がまるで糸のような繊細なリングモチーフを上に向けるとティアラのようにもなりますで、まだオーダーのマニュアルができていない状態なんです^^;
金額もこれっ!って決定していませんし、何よりこのタイプ、デザインが一つに絞れません。

なので、セミオーダーという形にさせていただこうかなと思っています。
基本的に石はついていないデザインにしようと思っています。

まだ名前すらもついていない。
なんというか、自然界のいろいろ??をイメージしているので、う~ん、名前が決まらない。

一番思っているのは世界に一つのものをお届けしたいなということ。

一つ一つ表情が異なるデザインリズム感を感じさせるリングですこんな感じでどれも一つ一つ表情がちがう。
太くなったり細くなったり、上下ひっくり返してもかわいいリングなんです。
始めにこんな風にしようかな~というイメージがあっても、作っていくうちにどんどん形が変化していくので、制作していてもとても楽しいです^^
細いワイヤーワックスを一つ一つ着けていきますこんな風に細いワイヤーワックスを一つ一つ、丸めたり切ったりして、溶かしてくっつけていくんです。
地道な作業ですが、夢中になるとあっという間に時間がたってしまう!
リングの原型ができましたリングの原型の出来上がり♪
小指を彩る繊細な輝きを持つピンキーリング10金に鋳造したものがこちらです^^
とっても繊細なリングですよね。見た目とは裏腹、意外と頑丈ですっ!

今までリングって販売するのにちょっと躊躇してました。
なんでかな。
まぁ技術面が一番なんですけど。
でも技術だけじゃないんだな。

自分がコレ着けたいな!って思うものが出てこなかった。っていうのも理由の一つかも。
自分が納得してないのに、それを世の中に出すなんてできないな。とか。
それも理由の一つ。

そうそう、一番の理由は、
【自信がない】

これかもしれないな。

この前息子のプールの時に強度チェックで着用していた実物を友人が見てくれた。
「これ、やっぱりめっちゃかわいいな~!オーダーしたい!」

って言ってくれたのが、ものすごい自信につながった。

写真って、意外と実物より良い風に映ったりする。
ネットで買い物して、モデルさんが着ててめっちゃかわいいーー!って思ってポチっても、いざ届いてみると生地がぺらっぺらだったり、縫製が雑であーがっかり。なんてこと経験したことありませんか?

そんなこと言ったら、ネックレスもブレスレットもイヤリングもぜ~んぶそうなんですけど。。
それがちょっと不安でした。
まぁ一言でいうと、自信がないにつながってるな^^;

自分でリングに対するハードルをめちゃあげてた。

ブログを読んでくださる方はご存知だと思うんですが、私は今工房に定期的に通ってるんです。

教えてくださっている先生がね、現役バリバリの職人さんで本当にすごい方で、超無口です。
私が結構グイグイグイグイ、なんでなんで??どうやるどうやる???教えて教えて!!と質問攻めのタイプなので、職人気質の先生は若干引き気味なんだろうな~と感じるんだけど、ぽつぽつ話してくださることが、本当に心に染みるというか、先生と出会えてよかったなって思うのね。

あー何言いたいのかわからなくなってきたぞ!

とにかく、このままではダメだって、こんなに力になってくださる先生がいるのに、前に進まなきゃって思ってるわけです。
自分は職人さんになりたいわけではないです。

だから自分が全部作らなきゃとかはおもってません。

ただ、ジュエリーを通して誰かに笑顔になってもらったり、励みになってもらったり、自信を持ってもらったり。
これはお店を始めた時からずっと持ってる想いだから、そこが一番大切なこと。

自分がデザインをして、職人さんである先生に制作をお願いするという方法だってあるんだと。
そう考えると、可能性がぐーーんと広がってきました。

私がとにかく目指しているのは、身に着けてくださる方が幸せになれるジュエリーを完璧に作ること。
自分を追い込むために、ブログで宣言しますっ!

→バナークリックでオンラインショップに飛びます♪ただいま新作をアップ中です!