詩喩花

’上質なジュエリーを普段の暮らしに’
というコンセプトで生まれた詩喩歌

詩喩花という言葉は、デザイナーの造語です。

詞華=詩花
詩歌や文章で巧みに美しく表現した言葉

譬喩歌
万葉集の歌の分類の一。
表現方法に基づく分類で心情を表に出さず、隠喩(いんゆ)的に詠んだ歌。
多くは恋愛感情を詠む。譬( たと)え歌。

この2つの言葉を合わせたのが
詩喩花
なのです。

詩喩花という言葉に込められたジュエリーに対する思い

何気ない日常生活の中に散りばめられた美しい風景、音、人、モノ、時。
その美しい瞬間を切り取って、ジュエリーで表現しています。

上質な素材で長く愛用していただけるものを一つ一つ手作りし、
年齢を重ねるごとに愛着と、愛おしさを感じてもらえる作品作りを目指しています。

何気ない日常の一瞬を切り取った美しいジュエリーたち

普段の暮らしの中にさりげなく上質なジュエリーを。
心に響いたあなただけのそのジュエリーを、手に取って頂けたら幸せです。